「システムによる効率化は本当にやって良いのか?」を「強いシステム・弱いシステム」の切り口で考える

今日言いたいことは
弱いシステムは人間の仕事を決して奪わない。
そして人間を必要以上に強くする。
同時に人間の頭を開放し、暇(クリエイティブ)にする機能は持たない。
のではないか、ということです。

自分の人生を使ってものづくりのコツを表現してみる

発案をいい評価が期待できる結実まで持っていくプロセスには間違いなくコツというものが存在します。
これも本格的に書き出すと本をかけるほどの分量になりますが、かいつまんでいうと
「ものづくりとは、無数にある発案をたった一つの結実に結びつけることだ」
と常に意識することです。

『ギッタギタにして思い知らせてやる!』ためにエンジニアやクリエイターはなにを思うか。

今朝、起きたら 『ギタギタにしてやる』 という言葉を思い出しました。(意味はない) かの有名なジャイアン氏が数十年前当時から怒りを爆発させる時の合図として好んで用いていた言葉で、程よい脅威に満ち、鉄の意志を伝え、時に頼れ