「システムによる効率化は本当にやって良いのか?」を「強いシステム・弱いシステム」の切り口で考える

今日言いたいことは
弱いシステムは人間の仕事を決して奪わない。
そして人間を必要以上に強くする。
同時に人間の頭を開放し、暇(クリエイティブ)にする機能は持たない。
のではないか、ということです。