ツール・ド・おきなわ2015に参戦してきたよ(3日目:レース本戦!)

 

05:00 おきた
・朝ごはん

06:00 すぐ近くに手荷物預かりトラックとオクマリゾート行きのバスが
・今回、奥共同店で荷物を預けられるかどうかどう要項を読んでもわからなかったので、ここで預ける。最悪現地に捨てていく覚悟で空気入れトレースに必要な補給系と携帯、財布、ボトルのみもって、その他の荷物は預けた。(実際は奥共同店でも荷物を預けることができたが、要項には「ホテル前で荷物を預けられない人用の措置」的なことになっていた)

空気入れは結局奥販売店で預けられた。先に預けてしまった僕は最後の空気を入れた後、レターパックで自宅へ送るという手段で。

・荷物を預けるときは手荷物預かり所雨のタグをパキッて半券を手元に持っておく。これがないと引き換えてもらえない(ということでもなさそう。ゼッケンナンバーと紐つけられているので)

06:10 オクマリゾート行きのバスに乗車

06:40 オクマリゾート到着。奥共同店行きのバスに乗り換える。

07:30 奥共同店に到着。まだ薄暗い最中。

IMG 1562

 ・自転車はすでに降ろされていて、敷地内のあちこちに点在しているので、自分で探す。

IMG 1563

 ・持ってきた空気入れで空気を入れる(8.0 bar.。本気で入れた)

IMG 1524

 ・奥共同店に聞くと、郵便の取り扱いがあるとのことで、レターパックで空気入れを送った(510円)

IMG 1564

 ・出走確認票を入れた

IMG 1565

08:50 210kmのトップが通過
 ・3人(1人外人)が逃げを打っていた。13分遅れで集団通過。会場ドヨドヨする。
 ・その他、140km、140kmジュニアの通過を待って出走

IMG 1573

 ・ちょうど仲間から連絡が来て「スマココ使ってよ!」と。とりあえずスマホなんてもうゴールまで使わない。俺の位置が知りたければ勝手に知るがいいさ。笑、と言う気持ちでダウンロードしてON

IMG 1571

ちなみに、奥共同販売店のお店の人の盛り上がりがすごかった。210km、140kmの通過地点にもなるここでは、もう、選手が来る前からお祭り騒ぎ。

IMG 1576

IMG 1577

チンドン屋風に躍り狂う。

さて。楽しい写真レポはここまで。
スタート切ったらもう走り続けるのみ。

 

10:10 スタート!
 ・最初の190m(GPS読み)のぼり。ここ、20kmhくらいで巡航しないとおいてかれる。みんな元気だから辛い。笑
 ・下りは軽く降ってはまたちょこちょこ登り、つらい。
 ・下に任せてみんな40kmとかで巡航してる。
 ・暑い。向かい風すらもはや涼しい(28℃)
 ・350m(GPS読み)のぼり。正直死ぬかと思ったけど、別に死んだふり速度(10〜13km)で走ってても寂しくない。みんなそのくらい(この頃にはオーバー40がちらほら)
 ・下りが圧巻。全ての下りがそうだけど、特に前のやつが遅いなぁという時以外はノーブレーキ。遅い人は大概タレている。
 ・11:20で普久川ダムCPを超えられて結構安心した。
 ・CP後、まだ登るのかよ、容赦ないねぇ。と思いながら追打ち登りをさらにゆく。海岸線に流れる分岐に到着して、登りが今後ゆるくなるー!と思って安心した。
 ・のは間違いだった。またすぐ150m(GPS読み)登らされる。島すごい。島すごいよ!
 ・実のところ、この時既に脚を攣ってた。しかも、いつもと違う箇所を攣っていた。コンプレッションしてないモモの裏側をやられたが、僕は軽くマッサージして水分補給して軽く回してると直るので大した問題ではなかった。
 ・海の風とか、全然感じない。理由は、たいてい集団で巡航していたから。ぼく程度でも乗れる集団はいっぱいある。
 ・このあたりになってくるともはや順位が関係ないこともあって、各カテゴリみんな協力し始める。カラフルな集団だらけ。
 ・集団も峠に入ると積極的にスピードを落としてくる。とはいっても5度くらいの坂を15km/hくらいでみんな走ってる。想定通り、2〜3度くらいの坂は30km/hいかにスピードが落ちない。
 ・これの登りに付き合うと、また違う箇所の脚を攣る、みたいな感じ。でもまた登りで回復するので別段問題なし。
 ・海岸線も終わって、そろそろ名護へ向けた内陸山越えかなぁと、40km/hくらいの集団に乗りながら考えていたが、内陸に向けた峠には行って集団のスピードが落ちた。これがほぼ終焉の合図。
 ・坂のほぼてっぺん付近(80mくらい登ったところ)で終焉をお知らせするパトカーに集団ごと飲み込まれた。
 ・THE END

IMG 1581

 ・この時の集団はみんな友達のような感覚に陥った。大声でお疲れ様を言い合った。
 ・集団で40km/hで巡航してても全然油断できないよ!笑 

13:30 結構やられていた体で峠歩いて残りを登り、下で再び乗って降り、コーラ買って一瞬で飲み干し「お役目が終わったと思われる140km/hのおじさん達」と談笑し、7km先の最終CPを目指す。ここに辿り着いてれば、もう後はCPなし。完走ラインだった。。。くやしー。

13:50 最終CP到着。何人いるのさ!200人くらいいた。続々到着するタイムオーバーズ。再びトラックに自転車を積み込み。バスの中へ。バスの中は210kmカテゴリの体たらくを嘆く声で溢れていた。笑

IMG 1589
IMG 1585

友達も出来る。またいつか、一緒に走りたい。

IMG 1588

14:30 会場到着。手荷物と自転車を受け取って、自転車を輪行袋に入れた。

15:45 名護市役所発高速バス15:45那覇空港行きに乗車。意外と使ってる人は5人くらい。2,190円。行きも自走しない&レンタカー借りないのであればこれで充分な気もする。(前日入りをする&レンタカーなし、という感じであれば、15:00前後のエントリー手続き開始に間に合うにはこの方法しかない)
 ・楽しかった旅の思い出を書き留める

17:30 ほぼ定刻に那覇空港到着。この感じを見ると、レンタカーでも当日帰りは充分可能(ただし、レースの進行による)

17:40 預けておいた輪行バッグを受け取り(1,851円だった。最初の話はどうした)

18:10 輪行袋から輪行バッグへ入れ替え完了

19:50 19:25発の予定のジェットスターが安定の遅れ。この時間になったので、オリオンしてやった。オリオンした先の食堂は沖縄美人ばっかりだったので旅のすべてがそこで肯定された。

IMG 1595

22:25 成田空港着

22:50 手荷物受け取り完了

24:00 自宅到着
 ・埼玉だと電車で到達するのはちょっと無理じゃないかという気がする。都内はギリギリいけるか。。。?
 ・飛行機が遅れなければ全然問題ない(でも安定の遅れ)
 ・参考まで、成田空港の駐車場は1,500円/日くらい。

旅の締めをくくったのは、妻の作ったこのカレーだった。

IMG 1597

 来年こそは完走するぞ!

そう心に誓って、とりあえずの2015年レースシーズンの幕を閉じた。

レース、総じて
・会場にロッカーなどがない。車で来ないと荷物置く場所難民になる。今回これ結構辛かった。
・今回のレース前の準備とレース中。
・ごっこレベルのカーボローディング
・前々日にチョコラBB
・前日と当日の朝にマグネシウムバーみたいなやつ(電解質ローディング的なやつ)
・スタート時にリポビタンDのいいやつ、エントリー時にもらったオリジナルの補給(120kcalくらい、ナトリウム入りのやつ)
・ボトルは2本、マグネシウムを溶かして入れておいた
・補給はPowerBar梅味 x 3、アミノバイタル x 1
・PowerBarは「とにかく早め」。40分に1本入れたかったが、まだ飲み慣れずに30分に0.5本ずつ入れてた。(具体的にはもっとアバウトで、登りきって下りが始まったら or やばそうな登りが目の前に来たら入れてた)おかげでジャージべたべた。
・ボトルの水でうがいするみたいに飲むと飲みやすかった
・途中、ボトルは1本捨てた。大会で用意してくれた水のボトルを受け取ったが、これは頭からかぶる用につかった
・アミノバイタルは使わずに終わった。。。一応最後までこのペースなら補給は持った予定。
・03:03:00くらいで80km。フルで4時間弱。。。もうすこし運が良ければギリギリ行けた。。。ような気もする。
・とにかくわかったのは、どんなにレベル高くてもこの距離の全力レースは補給必須。補給のテクニックもかなり結果に影響する。(周り見ても、補給してない人は一人もいなかった。一人も。)
・補給がなかったら普久川ダム超えられたかどうかわかんない。。。
・公式ジャージは9,800円
・Tシャツもらえる

今回の戦利品は。。。こちら!

IMG 1600

ツール・ド・おきなわ2015に参戦してきたよ(2日目:レースエントリー)

10:00 おきた。カップラーメンを食す。ジャージも乾いてる。

IMG 1494

11:00 きっかりチェックアウト

11:20 ホテルのロビーで作戦を練る

11:30 名護市民会館へむけて出発(4.5kmくらいだった)

IMG 1495

11:45 到着 ・ブース見学(このタイミングが一番空いている)

IMG 1496
IMG 1502

・ニュートラルカーは基本シマノ。Duraばっかし。子供が脇を遊んでいて、自由。

IMG 1498

IMG 1500

・エントリー ・ゼッケンや、ゼッケンプレート、ゼッケンシールなどをくっつける 。完全にレース仕様。

IMG 1514
IMG 1516

・昼飯(参加票に食券が一枚付いてきた。アグー豚丼か沖縄そば。炭水化物重視で沖縄そばを選択)

IMG 1517

・サンボルトさん発見。写真など。(ジャージのデザインを覚えてくれてた。「あ!」EGGPLANTOさん!)

IMG 1547

・GOKISOやグラファイトデザイン、Specialized、Shimanoなど様々なメーカーがブースを。楽しい。

IMG 1506
IMG 1504
IMG 1501

・沖縄輪業さんがショップブースを張ってくれていた。補習系パーツはほぼここで帰る感じなので、ディレイラーハンガー破損とかいうのでなければほぼバイクトラブルに必要なパーツはここでまかなえる感じ。

IMG 1507
IMG 1511

・沖縄娘の健康的な感じにやられてツール・ドおきなわポロシャツを買う

・これええんやで!と言われてゼッケンプレートホルダーを買う

15:30 奥共同店行きのトラックに自転車を乗っけた。

・ゼッケンプレートで判断する模様
・無償輸送はトラックだだ積み(僕は今回これにした。積んでいる姿を見て、わりと理にかなっていたので)
・ダンボールに入れての有償の輸送方法もあり。(2,100円)
・とりあえずここまでやったら帰ってよし
・「ゆきの」という居酒屋のチャンプルー系ランチがうまいらしい ・宮部そばで沖縄そばを食べた(3杯目)昆布が入ってて美味しかった

IMG 1541
IMG 1523

17:00 国頭村行きのバスに乗車(このバスは無料) ・「あれー、バスの予約が入ってないですねー」とか言われたが、別に問題なし。予約しなくても空きがあるので乗れる。予約は

18:20 ホテル国頭到着(このホテルは大会事務局があっせんしてくれたもの。バスが止まる周辺のホテルを斡旋してくれる。みんなで行く場合は、ホテルを同じにしてくれと頼む必要があるかも)

IMG 1527
IMG 1525
IMG 1537
IMG 1528

18:30 夕食が用意されている

IMG 1548
IMG 1549

・この時点でご飯だけに集中するべきだったと思うが、イベント以外で絶対来ないであろう土地でのご飯を食べないという選択肢はなかったので、完食。

ノスタルジーな浴室を拝見。一人だと、話題にもならない 。

IMG 1560

・明日の作戦を立てる。とりあえず、正丸峠を1回、いろは坂を1回(あわせてヤビツ峠くらい)、あと150m級の峠が2回、50〜80m級の峠はもう数限りなくあることが判明したが、50〜80m級の峠はもはや目に入ってなかった。これが誤算。

21:00 明日早いからもう寝た

ツール・ド・おきなわ2015に参戦してきたよ(1日目:移動)

いつも近郊のレースやイベントに出るときは、眠い目をこすって早朝に出発してギリギリで到着、というパターンだが、今回かなりハードなレースだし、エントリー手順などの事情もわからない中で、それではさすがに無理だろうと思い、前々日入りを決めました。

荷物を最小限に。 前日までは仕事もする気でいたので、パソコンも持って行った。

IMG 2074

※中身はこんな感じ。ジャージはすぐ乾くし毎日洗うので、着替えはほとんど無し。今回天気予報で雨の心配が全くなかったので良かったが、ソフトシェルを持ってなかったので、コンパクトなやつを入れておきたいなぁと思いました。 (Mac・電源アダプタ・USBバッテリー・USBケーブル × 2・輪行袋・マルチツール・靴下・ワイヤーロック)

こういう時、ITという仕事を選んで本当に良かったなぁと感じます。 こんなコンパクトな荷物でどこへでも行けてしまうし、どこでもオフィスにできてしまうのですし。 しかしシマノの6Lは結構入る。伸びるので、入りすぎてしまうのが逆に難点じゃないかと思うくらい。

自宅は朝の6時過ぎに出発。 07:10にギリギリジェットスターカウンターに到着。 事前に預け荷物を20kg以下で申請しておいたので、自転車はスムーズに預けることができました。

IMG 1379

※自転車は大きいので、成田空港では特大荷物専用の検査機へ案内された。タイヤの空気抜き忘れを指摘されて、慌てて抜く。(もう、ぺしゃんこになるまで抜かないと許してくれない)

11月6日

07:40 ジェットスター07:40発 那覇空港行き

11:30 那覇空港国内線ターミナル到着

  • 到着したら、手荷物はベルトコンベヤではなく、手渡しされる。これもまた、新鮮。
    IMG 1383
  • 沖縄そばを食べる ※空港の到着ロビーにある沖縄そばは「THE定番」ともいうべき味。おばちゃんの雰囲気も相まって期待を裏切らない。
    IMG 1384 
  • 飛行機輪行バッグを手荷物預り所(ヤマト運輸)に。6日→8日で1,500円前後とのこと
    IMG 1387
  • 自転車を組み立てる。 空港内にもスペースがないこともないが、バス乗り場を出口のほうまで行くと数人の自転車組み立てをしているサイクリストが。 そこで組み立てる。自走組案外多いなーと思ってたら、そのうちにレンタカーが迎えに来た。 自走組は見ただけで3人くらい?笑
    IMG 1386

12:30 必要最低限の荷物だけ持って那覇空港から名護へ向けて出発(56号線で約70km)
IMG 1391IMG 1394 

  • 昼飯を食う  ※ハイセンスな人形が見守る中、ステーキ&カレー
    客はちらほら外人が。
    IMG 1475
    IMG 1474
    IMG 1473 
  • 基本的に平坦だけど、途中100m級の峠が一つだけ。しかし、峠自体も勾配は緩やかで、路は基本的に気持ちよく走れる。むしろ敵は風。常に左側にある海から吹き付ける風が、たまに辛かった。逆に追い風の時は2%程度の登りを40km/hくらいの勢いで登らされたりするというアドベンチャーアイランドっぷりだった。
    IMG 1398 
  • パンクした人を助ける
    IMG 1470 
  • 写真などを取り漁る。どこ行っても海が綺麗。左がぱかっと開け、まさに海岸線を走るようになったらもう名護は目の前。辛い横風も「もうすぐ目的地!」という期待感でなんとかしのげる。
  • のぼりとかいっぱい立っているし、多分ここだ!と、会場を発見。交通規制の予告などもあって、一気に「おぉ、レースに来たんだな」という感覚が押し寄せる。
    IMG 1478
    IMG 1479
    IMG 1481 

などしながらダラダラと北上(移動中は「消耗しない」を一つの決め事にしていました。2日後の本線に残らないように)

IMG 1472

17:00 名護市内ホテル到着(今回はホテルリゾネックス名護) ホテルが直前に取ったこともあってムダに立派。最上階のオーシャンビュー。35歳、独り、みたいな。次回は家族と来よう、と誓った日だった。  

IMG 1486
IMG 1487
IMG 1489
IMG 1490

  • お仕事。沖縄は油断するとWiFiとか全然ない。テザリングでお仕事。
  • オリオンビール
    IMG 1492 
  • 炭水化物をたべる(なんかアジごはん+スパゲッテイ)
  • ジャージお洗濯(今回ジャージしか持ってきてないので)
  • 部屋着で外にでちゃダメよと言われて辛かった

25:00 就寝

ツール・ドおきなわ2015に参戦してきたよ(事前準備編)

今年はつくばの8時間耐久レースの後、アマチュア最高峰ということで常日頃気になっていたツール・ド・おきなわに参戦してきました。

ロードバイクを始めてはや3年ほど。 仕事や家族の合間に不定期ながらも乗り続けていた僕は『いったいどこまでやれるのか?』という思いを胸に、WEBから簡単エントリー! http://www.tour-de-okinawa.jp

を、するまで実は1ヶ月近く悩みました。 (勢いだけだろう、自分?) (最高峰ってあんた、つくばの上位レーサーの変態ぶりも見てるだろう。。。?) 様々な思いを抱いて公式WEBをチラ見する毎日を送っていて、140kmは無理じゃねーか。。。?など考えていたら50km市民レースというカテゴリを発見。 おー、これなら出れるぜ、頑張れる気がする、とエントリー。

早速仲間に報告。 『ツール・ド・おきなわにエントリーしたさー』 『え!なに!すごいじゃん!140km?210km?』 『バカ言うな。50km!』 『え?そんなのすぐ終わっちゃうやつじゃん』 『いや、まあそうなんだけど初めてだし、様子見も兼ねて、さ』 『なんだったら140km走ったらいいじゃん!遠出するときは100キロくらいは走ってるんだし』

(ん?なんだ。。?50kmって、物足りないやつなのか。。。?) という思いが蓄積。

また公式ページをチラ見していたら100kmというカテゴリと、コースプロファイルを発見。 暫く50kmのそれと見比べていた。

距離こそ倍程度の差なれど、獲得標高などが全然違う。50はほぼフラットなのにもかかわらず、100kmは350m級のメインヒルを始め、細かいアップダウンが終始続き、合わせると2,000m近く登るのだ。 比べてみると、100kmはまるでアドベンチャー。210kmチャンピオンレースの後半と全く同じコースをトレースするカテゴリ。

(これが『ツール・ド・おきなわ』なのか。。。)

ということでギリギリで100kmにエントリーし直したのでした。

『なんとか完走を目指す!』

というスタンスで。

続く

MySQLの基本的なSQLの評価順を日本語で表現してみる(1)

決め事として、

  • indexed_*** = インデックスが貼ってあるカラム
  • unindexed_*** = インデックスが貼ってないカラム

とする。

indexとは

MySQLのデータテーブルにもPostgreSQLと同じようなoidがレコードごとに存在し、indexとは、そのoidとカラムの値を対で持ったシンプルなテーブルみたいなものだと理解すればわかりやすい。
そのカラムだけを見て、どの行が該当するかを判断することができるため、検索負荷が非常に少なく済むのだ。

はじめに、シンプルなSQL

例えばこんなSQL。
SELECT COUNT(indexed_id) FROM sample_table WHERE indexed_column_1 = 1 AND unindex_column_2 > 2 AND indexed_column_3 = 3 ORDER BY indexed_id desc LIMIT 10;

どこにでもよくある文体だけど、これを日本語で表すと

  1. indexed_id のインデックスを参考に、実レコードの評価をする際のレコードの評価順を降順と定める
  2. インデックスを参考に indexed_column_1 = 1 を満たすレコードを全て特定する
  3. 上記までで特定した範囲で、最初に決めた評価順でunindex_column_2 > 2 を満たす実レコードを全て特定する
  4. 上記で抽出した実レコードから、インデックスを参考に indexed_column_3 = 3 の実レコードを全て抽出する
  5. 上記で抽出した実レコードから、最初に決めた評価順で先頭から探し、最大10件抽出する
  6. 特定したレコードのindexed_id の数を算出する

となる。

基礎条件:インデックスに乗ってないカラムのWHERE条件はできる限り後ろに

これを、こう書き換えると
SELECT COUNT(indexed_id) FROM sample_table WHERE indexed_column_1 = 1 AND indexed_column_3 = 3 AND unindex_column_2 > 2 ORDER BY indexed_id desc LIMIT 10;

こんな日本語になる。

  1. indexed_id のインデックスを参考に、実レコードの評価をする際のレコードの評価順を降順と定める
  2. 上記まででインデックスを参考に indexed_column_1 = 1 を満たすレコードを全て特定する
  3. 上記までで特定した範囲で、インデックスを参考に indexed_column_3 = 3 を満たすレコードを全て特定する
  4. 上記までで特定した範囲で、最初に決めた評価順でunindex_column_2 > 2 を満たすレコードを先頭から探し、最大10件特定する
  5. 特定したレコードのindexed_id の数を算出する

どちらが処理コストが少ないかは自明で、レコード数が多くなればなるほどその傾向は顕著になるのだ。

AWS AuroraとMySQLの比較

AWS

2015年09月のAWS ラスベガス re:Invent でRDS Auroraが東京リージョンに降りてきました。
うちのプロダクトでもRDS MySQLからのリプレースに向けて動き出しています。

話題になっている数字の根拠など含め、シンプルに、パフォーマンス的な違いをまとめました。

MySQLとAuroraの基本的な違い
  • MultiAZが違う(Auroraは、Managed MultiAZ的な感じ。MultiAZ構成は「3つのAvailability Zoneに2つずつのレプリケーションを保存する」としている。)
  • リードレプリカが違う(Auroraは1マスターに対し15のリードレプリカを持つことができる)
  • PIOPSの概念もManaged化されていて、自分で帯域予約設定をする、などの運用は不要になっている

MySQLの5倍のパフォーマンスとは?

「Amazon Aurora は、データベースワークロード用の SSD ベースの仮想化ストレージレイヤーとデータベースエンジンを完全に統合し、ストレージシステムに対する書き込みを削減し、ロックの競合を最小化し、データベースのプロセススレッドを排除することで、MySQL と比較して大幅に高いパフォーマンスを提供します。SysBench による r3.8xlarge インスタンスのテストの結果、Amazon Aurora は 500,000 セレクト/秒および 100,000 アップデート/秒のパフォーマンスを示しました。これは同じハードウェアで実行する MySQL の 5 倍のパフォーマンスです。このベンチマークとその再現方法の詳細な手順は、Amazon Aurora のパフォーマンスベンチマークに関するガイドに記載されています。」

引用「:https://aws.amazon.com/jp/rds/aurora/faqs/

Aurora向けのアプリケーションチューニングのポイント

Amazon Aurora は MySQL 5.6 と互換性を持つように設計されているため、既存の MySQL アプリケーションおよびツールを修正することなく実行できます。一方で、Amazon Aurora が MySQL よりも優れている領域の 1 つが、ワークロードの同時実行数が非常に多い場合です。Amazon Aurora でワークロードのスループットを最大化するには、多数のクエリを同時実行するようにアプリケーションを作成することをお勧めします。

引用「:https://aws.amazon.com/jp/rds/aurora/faqs/

レプリケーション構成

これが一番違うかも?Auroraはリードレプリカを作成してもストレージを共用するため、レプリケーションラグがかなり低いようです。

スクリーンショット 2015-10-13 11.38.55

Q. レプリカはどのくらいプライマリから遅れますか?
A. Amazon Aurora レプリカはプライマリと同じデータボリュームを共有しているため、実質的にレプリケーションラグはありません。ラグは通常数十ミリ秒です。MySQL リードレプリカの場合、レプリケーションラグは変更率または適用率、およびネットワーク通信の遅延に応じて無制限に増大する可能性があります。ただし、通常の状況では数分のレプリケーションラグが一般的です。

引用「:https://aws.amazon.com/jp/rds/aurora/faqs/

商用DBの1/10のコスト

これは、商用DBが何を指しているのか不明ですが(おそらくはOracleやSQL Serverだと思う)実際のコストは以下のようになっています。
引用:RDS Auroraの料金:https://aws.amazon.com/jp/rds/aurora/pricing/
引用:RDS MySQLの料金:https://aws.amazon.com/jp/rds/mysql/pricing/

インスタンス料金

  • Aurora: db.r3.8xlarge($5.6/h)
  • MySQL:SingleAZ:db.r3.8xlarge($4.540/h)
  • MySQL:MultiAZ:db.r3.8xlarge($9.080/h)

ストレージ料金

  • Aurora:ストレージ料金($0.100 : GB あたり/月)I/O 料金($0.200 /100 万リクエスト)
  • MySQL:SingleAZ:General Purpose (SSD) Storage($0.138 : GB あたり/月)
  • MySQL:MultiAZ:General Purpose (SSD) Storage($0.276 : GB あたり/月)

まだ調べ切れてない懸念

このあたりはちゃんと保持されているのかな。。。
http://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2015/01/06/amazon-rds-encryption-with-kms-mysql-postgresql/

MIYATA自転車 | MERIDA | ラインナップ | ロードバイク | SCULTURA EVO 904-COM

MIYATA自転車 | MERIDA | ラインナップ | ロードバイク | SCULTURA EVO 904-COM.

ちょっとするとCANNOMDALE CAAD10リクイガスチームカラーに空目しかねないカラーリングのMERIDAのエントリーバイク。2010年代のエントリーカーボン(〜20万円くらいまでの完成車)の類に漏れず、とてもマイルドな乗り味。
本当にこの時期の廉価なカーボン車は、エンデュランス向きなモデルが多いと、1900年代のベテラン達は口を揃えて言う。

そんなハイアマチュア層へのカーボンフレームの台頭は、自転車業界の瞑想なのかもしれないし、競技用自転車の再定義なのかもしれない。が、その答えが出るまでにはもう少々時間がかかりそう。

OpenSubDivPixer発OpenSourceは3Dレンダリングライブラリ

2012年8月にPixerが自社アニメーション制作アプリケーション技術の一部をオープンソース化すると発表した。
対象はOpenSubDiv。OpensourceのSubdivision surface実装で、実際の用例は3DS MAXのこの映像がわかりやすい。

今回の真意については某所で諸説語られているところだけど、結局何が正しいのかはいまいち良くわかってないが、Gitに落としたあたり、ライブラリとしてのイノベーションの想像をオープンソースコミュニティに一部委ねた?という可能性もない事もない。Apple文化からは考え難いけど。

OpenSubDiv公式ページ
http://graphics.pixar.com/opensubdiv

github – PixarAnimationStudios / OpenSubdiv
https://github.com/PixarAnimationStudios/OpenSubdiv

Boinx iStopMotion 3

Macでまともに動く唯一のストップモーション制作アプリケーションなiStopMotionが3にバージョンアップしてました。
結構びっくりなんですが、今まで$499.00で売ってたPro版(フルHD対応)と同等の機能を3に搭載して製品ラインナップを一本化するという様な事が書かれています。

だとしたら激安。イントロプライスで$29.99。MacAppStoreでも¥2,600です。
これでHD画質のコマ取りアニメーションもかなり身近になるね。(と、同時にコモディティ化が進む。。。)

Mac App Storeでの購入はこちらからどうぞ
iStopMotion 3 - Boinx Software

参考リンク:

Boinx iStopMotion: Mac Stop Motion and Time Lapse Software.

VMWare Fusion 5

VMWare Fusion 5がでてた。
Windows8対応、Mountain Lion対応、Linux 3D対応とか、いろいろあるけど40%高速化は期待できるなー。
ある瞬間を境に、VMWareとParallelsを比較して、断然VMWareの方がお得感があるようになった。それ以来、ぼくはずっとVMWare。

それと、今回からPro版と通常版にLineUpが分かれたみたい。

VMWare Fusion 5 Pro
http://www.vmware.com/products/desktop_virtualization/fusion/professional.html

比較表は以下の通り。Pro版へは4、5からアップグレードパスが出ています。
$49.99
あんまり必要性を感じないな。今のとこ。VMWare PlayerのMac版が出たんだね。それも結構期待はできるけど。。。

VMWare Fusion 5 – act2.com
icon