Koboが来た!|おしゃれガールがKoboやKindleで本を読む時代はくるか

Koboが来た!|おしゃれガールがKoboやKindleで本を読む時代はくるか

Kobo Rakuten editionが発売され、僕の手元にもついに現物が届きました。
機能的な詳細レポは先行したGizmodeさんに任せて、勝手に所感を述べてみる。

とにかく軽い。動きも軽快です。
動きも意匠も作りさえもちゃっちくて、ページをめくるたびにチカチカうるさかったあのe-Inkのイメージはどこに行ったのでしょう?
セットアップも、指定された http://rakuten.kobosetup.com/ からセットアップ兼運用アプリケーション(いわゆるiTunesみたいなもの)をダウンロードしてきて楽天アカウントを入れれば後はYES連打で完了します。

随所での噂通り、ハードウェア的にはかなり洗練された印象を受けます。
※個人的にはKindleの触感よりスキかも。
とりあえず手元にあったのだめカンタービレの目次をスキャンして取込、表示してみました。
意外にもコミックサイズの吹き出しも読むに耐える解像度を確保しています。

僕はクロを買いましたが、マットなブラックとe-Inkディスプレイのコントラストも良く、製品として完成された印象を受けます。
また、この軽さでブラウザ内蔵というのも、なんか、別にあんまり使わないだろうけどわくわくするのです。

白黒で見たWEBは、なんだか新鮮。
いつものページもなんだか違えて見えます。

他にも手書きメモ機能なんかもあって、これはKoboをUSBでつないだ時にマウントされるフォルダから簡単に取り出す事ができた。
書き味は。。。画像を見て推して知るべし。(with Bamboo Styrus for iPad)

KoboやKindle、iPadやKindle Fireが出てきて、ハードウェア的にはプロトタイプが出そろった感じ。
e-Inkはもうすこしこの流れで洗練され続けて、次の世代あたりが使用感的にも爆発的に受け入れられる予感がします。
今はSony Readerなんかのショボショボの端末から比べればかなりパフォーマンスがあがったとは言え、まだ新し物好きのおもちゃの域を出ない気がします。

なかなかぐずぐずしてる電子書籍端末が普及する鍵はどこにあるんでしょう?
僕は表題の写真のように、おしゃれ女子が優雅に使いこなす絵に似合ってこそ、はじめて人間の「道具」となり得る気がしてます。
あのiPadですら、様々なバランス(重すぎるとか)を考慮した時に、手放しで優雅なひとときに似合うとは言い難い。
e-Ink端末も、iPadの様なリッチで重い端末も、惜しいところで「日常スタイル」でのバランスをとり切れてない。

気は早いかもしれないですが、次の世代でその原型が見られる可能性は充分にある。
Koboを見てるとそんな気がするのです。


No Comments

Post a Comment